ライター営業用の名刺を作ってみたらお仕事をいただけた話

 

まずは見てください。わたしの名刺です

 

みなさんこんにちはこんばんは、筒井響子です!
HPをこちらに移動してからカメラの話ばっかりな気がするんですが、一応ライターです、はい。。。
(最近カメラの方のお仕事が多くて……すみません!)

 

早速ですが、私が最近作った名刺を見ていただこうと思います。

ハイどうぞ!

わたしが名刺を作ったところだと、ビジネスライクな名刺はもちろん、こういうデザインっぽい名刺も、たくさんある中から選ぶことができます。

 

いや、ていうか、ありすぎて本当に迷うんです!!!

 

フォトグラファーの肩書きとしても使うってことで、ちょっとスタジオっぽい雰囲気というか、アートっぽい雰囲気のものを選んでみました。

 

実は、以前もここで名刺を作ったことがあったんだけど、その時もとってもおしゃれなデザイン系の名刺にしたのです。

 

目を引くデザインの方が頭に残りやすいかな」と思ったので。

 

もちろんビジネスライクな名刺も持ち歩いてTPOで使い分けていますが、どっちかというとこっちの方が使っているし、とにかく先方の反応が良い!!

 

「おお!」って言ってくれるし、話題作りにもなるので本当に助かってます。

 

今回は、まともに営業してないのにライターが名刺を使ったらお仕事をもらえた!ってことをお話していこうと思います。

 

名刺はいつもビスタプリントです

Web上にはたくさん名刺を作れるところがあるんですが、私が全身全霊でおすすめしたいのはvistaprint(ビスタプリント)です。

 

どうしてビスタプリントにしたのかって言うと、、、

  • 安いから
  • 早いから
  • デザインを考えなくていいから
  • デザインがおしゃれだから

ずばり以上の4点が理由です。

 

特に『デザインを考えなくていい』っていうのは本当に大きくて、原稿に追われまくってる上にデザイン的センスが皆無なわたしでも、お気に入りのデザインテンプレートをいくつも見つけることができたのです。

 

しかも何より、100枚という小ロットを980円という安さで買えるのがなによりデカイ!!!

 

だから私はいくつかの名刺を持ち歩いて、時と場合によって存分に使い分けることができるのです。(なんたってアンダー1,000YENだもの)

 

最近HPを新たに作成したので、今まで使っていた名刺が使えなくなってしまったんですが、それでも980円と言う安さだからこそ、すぐに作り直す気になったんですよね。

 

デザインの勉強をしたからこそわかる、一から作ることの大変さ

以前、デザインの学校でイラレやフォトショの勉強をしました。

 

「名刺を作ってみよう!」って、最初の頃の授業でやったんだけど、まーーーーーぁそれが黒歴史で(笑)

 

ペンを握っている自分の手を無駄にトレースしてイラスト調にして、そこにペンに見立てたつまようじを突き刺すという斬新なアイデア。
(名刺につまようじ突き刺すって……思い出すだけでつらい。。。しかも先っぽマジックで黒く塗って鉛筆みたいにしてたほんとつらい)

 

私はどうして何時間もかけてあんなデザインをぶちかましたのでしょうか……今となっては到底わかりません。。。。

 

要するに、素人が名刺のデザインをするっていうのは、なかなか難儀なんです!

 

「いやいやできるでしょ」って思うじゃないですか。
「名刺なんて簡単でしょ」って。

 

それがね、全然そんなことないの!!!

 

少しだけどデザインをかじったので、デザインの力がどれだけ大切かっていうのにも気が付けたし、デザインがどれだけ難しいのかも痛感した訳です。

 

情報は詰め過ぎてもだめ、少な過ぎてもだめ。
色やフォントも多ければ良いってものじゃない。
余白にも意味がある。
これがデザインなんです

 

しかも名刺は、自分のことを相手に印象付ける貴重なアイテム。

 

後で見返した時に、「あ〜、あの人ね」って思い出してもらうためのアイテムです。

 

それがどれだけ重要かっていうことは、フリーライターのみなさんならきっとわかるはず!!!

 

ビスタプリントのおすすめは『個人・家族向け』デザイン

vistaprint(ビスタプリント)では、もちろん通常のビジネス名刺も作ることができます。

 

でも私がフリーライターのみなさんにおすすめするのは、『個人・家族向け名刺』というジャンルのテンプレートです。

 

出典:vistaprint

 

ここにあるテンプレートは、かわいいものやシンプルなもの、派手なものなどたくさんのバリエーションがあって、数も豊富。
誰かとかぶると言うことはほとんどないと思います。(少なくとも私は今まで会ったことないです)

 

自分好みのデザインを選べるし、テンプレート上のテキストをわかりやすい操作画面で編集するだけなので、すぐに作れちゃいます。

 

出典:vistaprint

 

ちなみに私がこの名刺を作るに当たってかかった時間は、10分です
あっと言う間でしょう?

ライターの方はまずこの『個人・家族向け名刺』というテンプレートから見ていただくことをおすすめします!

 

安すぎる料金。でも送料は要チェック!

価格は、フルカラーなのか、裏表印刷なのかによって異なります
私の場合は贅沢に裏表フルカラーにしたので、

  • 本体価格:980円
  • 裏面フルカラー:780円
  • ホワイト・マット紙:0円(有料のものも選べる)

という価格でした。
これが両面フルカラー100枚の価格です。

 

送料は500円(税別)、『エクスプレス出荷』という納期が早い便は800円(税別)かかるので注意しましょう。

4,500円以上だと送料無料になるので、多めに発注する方はまとめた方がお得だと思います!(エクスプレス出荷は4,500円以上でも一律800円)

 

ちなみに私はお仕事の都合で急遽必要になってしまったので、エクスプレス出荷を選びました。
土曜日に注文したのに、火曜日の午前中には届きました
土日休みを挟んでいなければ、注文日の翌日発送が可能です。。。驚き。

 

名刺がきっかけでお仕事をGET

ライターの方って、結構自宅で黙々とお仕事されてる方が多いですよね。

 

中にはバリバリ外に取材に行ったりガンガン営業してるやり手ライターさんも多いと思いますが、子育てしながら、とか、副業でライターしてる、とかであんまり営業する機会がないって方も多いと思います。

 

私も家にこもりっきりで営業は一切してないんですが、先日、請求書に名刺を同封してみたら、クライアントのお知り合いの方から連絡があり、「ぜひお仕事をお願いしたい」とのこと……!
その際に「名刺を見せてもらって興味を持った」ともおっしゃってました。

 

後ほど担当さんに感謝のお電話をしたところ、「ちょうど世間話をしている時に名刺の存在を思い出して、紹介する運びになった」とのこと。

 

ふぁーーーっ(‘ω’* 三 *’ω’)(‘ω’* 三 *’ω’)

 

私は営業には一歩たりとも出ていませんが、名刺があると「この人おすすめよ〜」と勝手に一人歩きしてくれることもあるみたいです。

 

しかも私の名刺が派手だったから、印象に残ったみたいで……(笑)
恥ずかしいやら嬉しいやら。。
とりあえずほんとビスタプリントさまさま。ありがたや。。。

 

わたしの友人のWebデザイナーは、たまたま初めて行った美容室で仕事を聞かれて名刺を渡したら、そのままその美容室のサイト作成の依頼を受けることになった、と言ってました!

 

しかもその理由も、「名刺がとってもおしゃれだったから」だそうで。。
(その方は自分で名刺デザインしてました!さすがデザイナー!)

 

うーん、名刺って実はとっても大事なんだ。。。

 

 

それ以来わたしは必ず請求書に名刺を同封することにしています。

 

名刺の営業力って伊達じゃない

普段から「営業に出ない」という方でも、思わぬところで身を結ぶこともあるかもしれないです。

 

友達に渡しておけば、友達が誰かにオススメしてくれるかもしれません。

 

そういうチャンスを逃したくないじゃないですか!!!

 

なので私は、ライターこそ名刺を作ることをオススメしたいです!!
ていうか、営業しない人こそ名刺を作ることをオススメしたいです!!!!!(笑)

 

今回まさかの名刺を通してお仕事をいただいて、名刺の力をひしひしと感じているわけです。

 

もしもまだ名刺を作ってないよ、って方は、是非是非作ってみてくださいね!

 

 

今回ご紹介したビスタプリントはこちらから!

▶︎高品質フルカラー名刺100枚980円。豊富なテンプレートでwebで簡単作成!


 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【女子ことりっぷ】鎌倉ゆかた旅

【お仕事】ショップの撮影させていただきました!【したよ】

生活の中に“瞑想”を1ヶ月取り入れてみたらスッキリした話

愛用しているカメラをご紹介していくの回

旅の道中は出会いの宝庫。キャンプ帰りに紫陽花祭りに遭遇した話

夢だったホームスタジオ完成